いつまでも若々しくいたいなら

別々の女友達二人から
「遊ぼうず」って連絡がきてた
これは奇跡

モテ期がついに
私にもやって参りましたフヒヒ
でもその日は仕事もあるから
トリプルブッキングで
私はあの和泉元彌を越えた

・・・そんな感じで
ガンジーでも助走つけて殴るレベルに
忙しい日々を過ごして
ストレスがたまりつつあるのですが
アナタはストレス解消していますか?
実はここ近年で
「プチ更年期」
という症状が増えてきているんです。

ちなみにプチ更年期とは
20代や30代の女性にあらわれる
更年期障害に似た症状を指します。

プチ更年期の症状の原因
として挙げられるのは、
無理なダイエットや
過労、睡眠不足などetc…。

つまりは主にそこから生まれる

ストレスが原因。
20代や30代のプチ更年期の場合、
卵巣の機能に問題があることは
ほとんどないと言われていますが

エストロゲンは
(美肌ホルモンと呼ばれる)
年々低下傾向にあると言われています。

じゃあどうして
エストロゲンが減るかというと
それは脳から放出される
性腺刺激ホルモンが減少するから!!

ダイエットやストレスで
体に負荷をかけすぎると
体の自律神経を乱れてしまい
脳が適切な指示を
与えられなくなってしまうんです。

エストロゲンが減ると卵巣に
異常がないとしても
次のような問題が生じます。

・生理不順や生理痛が激しくなる
・肌荒れやにきびが出来る
・イライラしたり、情緒不安定になる
・脂肪がつきやすくなる
・妊娠しにくくなる
・骨がもろくなる
・髪質が低下する
・お肌の潤いがなくなる
アンチエイジングの
観点だけ見てもこんなに!
これは見逃せない問題です。

女性ホルモンと抜け毛の関係については
こちらの記事にupしましたが
↓ ↓ ↓

産後の抜け毛で取り返しのつかない事態に!その2つの理由とは

私、思うんですよ。
自分が好む好まざるにかかわらず
我々主婦は

「子どもの友だちのお母さんだから」
「姑だから」
と、無理してつきあうとか

夫の仕事の都合で慣れない
土地に引っ越さねばならないとか
「自分より家族優先」で
生活を送ることが多いと思うんですよね。

自分の価値観や考え方を
あとまわしにする生活が積み重なると、
いずれかなりのストレスを体に与え、
知らず知らずに体調を狂わせてしまいます。

だからもし

「何か体がヘンだな?」
という不快症状をアナタが
感じているのだとしたら

それはアナタの体が
助けを求めて出している
SOS信号かもしれません!

週に1時間、2時間でいいから
子どもや夫といった

家庭のしがらみを
断ち切った世界に身を置いて
「自分が好きなこと」をしてみましょう。

趣味でも、エステや
カラオケでもなんでもいいです。
自分が心地いいと感じるもので
五感を刺激してあげてください。

日々の生活の中でどうしても
振りかかってくるストレスですが

我慢してやりすごそうと思わず、
こんな風に「心地いいもの」で
どんどん自分を刺激し
うまくかわしていきましょう。

ストレスを発散させながら
女性ホルモンを増やして美肌になる。

これこそが

「プレ更年期症状」退治の薬です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です